累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ





JUGEM PLUS
アクセス制限や広告非表示、ケータイ連動など、様々な場面で活用できる機能が盛りだくさんの高機能・フルカスタマイズ対応のブログ!

Potora
NTTグループ運営の登録・利用無料ポイント&ランキングサイト。

ドラえもんアルバム絵本
世界にたったひとつの自分だけのアルバム絵本。ネットで即制作・即注文ができます。

全巻漫画.com
漫画全巻セットはこちら!中古のセット在庫量日本一です!

ゼロスモーキング
本物のタバコと同サイズで、見た目もリアル!煙は水蒸気で体に優しい! ビタミンC配合で豊富なフレーバー!

2008年01月29日

碇シンジ(エヴァンゲリオン)

シンジ1エヴァンゲリオンの主人公でありエヴァ初号機のパイロット碇シンジは、あまりにも普通の少年で、最後まで冴えない主人公です。
ただ、この普通っぽさがエヴァンゲリオンの魅力であり、考えさせられるストーリーが今でも人気を維持している所以なのでしょうか?

シンジ2「逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!」のシーンもシンジの心の葛藤から生まれたセリフですが、今までのロボットアニメではアムロ以来の軟弱?ぶりに、逆に親近感を覚えます(^^)。
CR新世紀エヴァンゲリオンでもこのシーンが激アツの疑似連となっていますが、私は相性が悪く良く外れます!
シンジ頑張れ!と心の中で祈りながら・・・。

posted by みやと at 02:13| Comment(1) | TrackBack(2) | エヴァンゲリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

サーシャ(宇宙戦艦ヤマト)

サーシャ0スターシャ古代守との間の愛児サーシャは、「新たなる旅立ち」で初めて登場した時はまだ赤ん坊で、ラストのスターシャがイスカンダルと共に自爆したあと、宇宙に浮かぶ母の姿を追って泣くサーシャには涙が止まりませんでした。

サーシャ1続きとなる「ヤマトよ永遠に」では、1年で大きくなったサーシャが再び登場し、森雪とはまた違った可愛らしい女性キャラぶりを見せてくれました(^^)。
叔父となる古代進に淡い恋心を抱いたり、今までのヤマトシリーズになかったほのぼのとした雰囲気が彼女により出ていたのではと思います。

サーシャ2ラストでは、やはり自ら犠牲になりヤマトを救うという母スターシャと同じ道を歩みますが、スターシャの時と比べると母の元に行くサーシャの姿に悲しさよりも爽やかさを感じました。
彼女の天真爛漫な明るさがそう感じさせたのでしょうか?
posted by みやと at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本零士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

セイラ・マス(ファーストガンダム)

セイラ1セイラと言えば、ファーストガンダムに出てきた女性キャラの中で一番人気だったのではないでしょうか?
シャアの妹という複雑な立場ながら連邦軍として愛する兄と敵対する・・・。

セイラ2時折見せるその苦悩の姿と、シャアになんとなく雰囲気の似た美形が、シャアと共に高い人気を誇った理由だと思います。

セイラ3そんなセイラですが、Zガンダムでは他のキャラが活躍する中、ほんの少ししか出てこないんです。
あれだけの人気を誇ったセイラなのに、Zガンダムでの扱いは淋しく残念でなりません!
ラベル:セイラ・マス
posted by みやと at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

ヴィルヘルミナ(灼眼のシャナ)

ヴィルヘルミナ1灼眼のシャナに登場するヴィルヘルミナ・カルメルは、夢幻の冠帯「ティアマトー」のフレイムヘイズであり、シャナを完璧なフレイムヘイズとして育て上げた美しい女性です。
また、彼女のリボンを使った優美な戦う姿はホレボレしてしまいます(^^)。

ヴィルヘルミナ2残念なのはあまりにも無愛想な所ですが、その無愛想な中にも彼女のシャナへの愛情が端々に見られ、本当は優しい女性であるのが感じられます。
最後の戦いの中での彼女の戦う姿は格好よく、お勧めなシーン満載です!

posted by みやと at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

つぐみ(創聖のアクエリオン)

つぐみ1創聖のアクエリオンにおいて、つぐみは癒し系のキャラだと思います。
興奮すると周囲に爆発を引き起こす能力を持ちながら、普段はとても普通の女の子っぽいキャラです(^^)。

つぐみ2麗花を愛し?仲間を愛するその愛の大きさは見事で、アポロ達でも開かなかった「天空のゲート」を爆愛無限光のハートの力でこじ開けます。
ただ、つぐみの活躍時にいつもリアル心臓が出てくるのはどうなんでしょう?(^^)。
posted by みやと at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

メタルメナ(銀河鉄道999)

メタルメナ1さようなら銀河鉄道999に登場したメタルメナは寂しい女性です。
メーテルの身体を狙い999の搭乗員として働いていたのですが、友達もなく殺伐とした心で過ごしてきました。
その中、鉄郎との出会いが彼女に与えた心は遅すぎたのが不憫でなりません。

メタルメナ2最後は、突然現れたサイレンの魔女(大暗黒彗星)から鉄郎達を救うため、自ら身を投じます。
鉄郎の心に触れ愛してしまった結果、機械化人間でありながら人として自らを犠牲とした短いシーンですが名シーンだと思っています。
前作のクレアとどうしても比較してしまいますが、メタルメナクレアに勝るとも劣らないとても魅力的な女性でした(^^)。


posted by みやと at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本零士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

マージョリー・ドー(灼眼のシャナ)

マージョリ−1灼眼のシャナに登場するマージョリー・ドーはよくわからない女性だと思います。
「弔詞の詠み手」として、徒(ともがら)を殲滅するためには周囲の迷惑を顧みない戦闘狂でありながら、優しい一面も見せたりします。

マージョリ2シャナ悠二に対しては、厳しくもあり暖かくもあり、姉のような気持ちになっていたのではないでしょうか?
契約しているフレイムヘイズのマルコシアスも、乱暴でありながらサッパリしていて彼女にはピッタリのパートナーだと思っているのは私だけ?(^^)

posted by みやと at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

ステラ・ル−シェ(ガンダムSEED DESTINY)

ステラ1ガンダムSEED DESTINYに登場したステラは、とても薄幸な女の子です。
シンと出会った海岸での彼女の姿を見ていると、本当は優しい女の子だということがよくわかります。

ステラ2笑顔もとても素敵なステラが、連合のエクステンデッドとして実験台となり戦いに駆り出されるのを見ると、とても腹立たしく感じます。

ステラ3ロドニアのラボを守るために飛び出していったステラは、やはり真の心の優しさからなのではないでしょうか?
死んでやっと心の平穏を得た彼女が不憫でなりません。
posted by みやと at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

ジーナ(紅の豚)

ジーナ1紅の豚に登場するジーナはカッコいい女性です。
豚になってしまったポルコを愛し、迎えにくるのを待ち続けながらも、それは無いであろうことを理解し変わらない態度を示すその姿!

ジーナ3影ながらサポートしポルコに最大の友情を注ぐ彼女は、フィオとはまた違った魅力があり、この映画を爽やかにしてくれていると思います。

ジーナ2若き日のジーナ
今と比べてずいぶん活発そうに見えます。
フィオと似ている?気が合うのもわかるような気がします(^^)。

posted by みやと at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮崎アニメ・ジブリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

笑い男事件(攻殻機動隊)

笑い男ロゴ攻殻機動隊1stシリーズの中核をなした笑い男事件は、天才的ハッカーアオイによる企業テロです。
真相はセラノ社のマイクロマシン療法にかかわる贈収賄に対する戦いでした。

素子3警視総監を護衛する草薙素子
制服姿も決まっています(^^)。
草薙素子を中心とした公安9課の活躍にて、事件の全貌は明るみとなり解決。

素子1アオイと対峙する草薙素子
死んだと思われた草薙素子は実は生きていて、アオイをスカウトするためにアオイのいる図書館を訪れます。

笑い男図書館に潜むアオイ
電脳硬化に侵されているアオイはスカウトを丁重に断りました。

素子2監視用の子供の義体に移った素子
子供姿になってもセンスの良さが光っています。

タチコマ2タチコマの涙。
バトーを助けるため自らを犠牲にするタチコマ
この事件一番の感動シーンです。
posted by みやと at 02:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 攻殻機動隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

麗花(創聖のアクエリオン)

麗花1創聖のアクエリオンに登場する麗花はアニメのキャラの中でも少し変わったキャラではないでしょうか?
「不幸」を背負ったキャラなんて滅多にいないと思います(^^)。

麗花2その麗花が最終話で見せた必殺技「不幸断絶拳」。
ベタな技だけど、彼女らしくそしてその想いが伝わってくる技です。
自ら不幸と言い放つ麗花ですが、その呪縛から解き放たれんとするその姿は応援をせずにはいられませんね(^^)。

ラベル:麗花
posted by みやと at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

マーベル・フローズン(聖戦士ダンバイン)

マーベル聖戦士ダンバイインでショウと共に聖戦士として戦ったマーベル
最初の頃はショウに対して対抗意識が強かったのかツンツンしていた気がしますが、途中からはショウを信頼し愛するようになったのはマーベルの正義感がショウの正義感と共鳴したからだと思います。
いかにもアメリカ?っぽい風貌でしたが、禅をするなど心は日本人に近かったのもショウに惹かれた一因ではないでしょうか?
最後はショウに激を飛ばしあっけなく死んでしまいました。
アニメの中でもメインキャラがあんなにあっけなく死ぬのは珍しい!?

posted by みやと at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンバイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

赤木リツコ(エヴァンゲリオン)

赤木リツコ1赤木リツコは哀しい女性です。
秀でた才能を持つが故に、NERVの闇の部分を担うことになり、仲間達をも騙し続けなければならない立場に置かれてしまっているのです。
時々見せる優しい表情が一段と哀れに見えてしまうのは私だけでしょうか?

赤木リツコ2第13話「使徒、侵入」での彼女の活躍は彼女が一番輝いているシーンで、MAGIシステムとリツコの母の逸話も含めおすすめデス。
ラベル:赤木リツコ
posted by みやと at 01:08| Comment(0) | TrackBack(1) | エヴァンゲリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

シンシア

シンシアクレイモアのナンバー14シンシアは、あまり目立たないけど結構お気に入りのキャラです。
北の戦乱からの登場でありながら、それに生き残り仲間の仇を伐つためクレア達と行動を共にする彼女には最後まで生き残って欲しいと思います。
今後の活躍に期待デス(^^)。
posted by みやと at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | クレイモア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。